費用や納期を知りたい。

認証取得される機器によって適用される Essential Requirements は異なりますため、お手数ですが下記宛てまでお尋ね下さい。

お気軽にお問い合わせください。0596-63-8230受付時間 9:00-16:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ

申請はだれが行うのですか?

申請は「申請者」が行います。「申請者」とはインドに設立された会社でOEMやブランドオーナーが該当し、輸入機器の場合は外国のブランドオーナーによって代理を承認されたインドの会社(AIR)です。

インド国外の製造者です。ブランド毎にAIRの承認は必要ですか?

同じ工場で製造していてもブランドが異なる場合には、ブランド毎に「AIR」の承認が必要です。

工場検査あるいは市場検査はありますか?

Factory Premises Inspection (FPI) および/またはSurveillanceは、ユーザーからの情報や報告に基づき実施できることが法律で定められています。

TECロゴは色の指定がありますか?

RGB= 0, 108, 156 と定められています。但し、Black and Whiteラベルも認められています。

TECマークは何処に表示しますか?

製品上の目立つ場所にTEC認証ラベルを貼ります。取り外しできるカバーがある場合には取り外しできるカバーの下に表示できます。

MTCTEの対象でないものは?

テレコムネットワークに接続できるかつ認証対象製品であるものを除く製品です。加えて、TECの説明は下記のとおりです。

a. What are the items not covered by MTCTE?
b. Are there certain items not covered by MTCTE, which may be included later?

Clarification: MTCTE does not cover:
Modules/ Spares/ Components/ SKD/ CKD.
Test Instruments.
R&D/ Personally accompanied products in defined limited quantity/ Hobby Assembling
Passive Telecom Components e.g. Tower, Antenna, Waveguide, smart cards.
Integrated systems and networks consisting of more than one telecom equipment.
Power supply/ UPS/ Solar equipments/ Batteries/

The following items are presently excluded from MTCTE:
IoT sensors and inter-sectoral devices with propriety communication interfaces only.
Primarily non-telecom electrical and electronic products with WiFi/ NFC/ BT etc.
Set Top Box (presently under CRS)
Multi-functional devices with WiFi/ Ethernet ports primarily meant for trans-receiving
images.
Equipments with communication module specifically covered by mandatory scheme of any
other Government agency.

モジュールレベルの試験はありますか?

完成品のみが試験され認証されます。

完全なノックダウンまたはセミノックダウンの状態で輸入し、インドで組み立てる場合はどうなりますか?

組み立てられた製品がインド企業のブランドタグを付けてインド国内で販売されるなら、インド企業はインドのOEMとしてポータルに登録し、その製品の認証を申請する必要があります。

組み立てられた製品に外国企業のブランドタグが付いている場合、外国企業はその製品のMTCTE証明書を取得するAIRを代理で認可する必要があります。

ITSARとは?

ITSARとはIndian Telecom Security Assurance Requirementsの略で、電気通信機器または電気通信機器群が準拠すべきセキュリティ要件の一覧です。

ITSARはNCCSのSecurity Assurance Standards (SAS) Divisionにより、電気通信機器または電気通信機器グループに対して発行されます。

1つの通信機器に適用できるITSARは1つだけですか?

必ずしもそうとは限りません。一つの電気通信機器に、一つまたは複数の準拠すべきITSARが存在する場合があります。

セキュリティ認証の範囲は?

認証の範囲は、ITSARが利用可能で別途通知される日付以降の有効な要素(エレメント)において、本制度が開始された時点でインド国内で販売されインドの通信ネットワークに接続されるすべての種類の通信機器を対象とします。インドで通信機器の販売、輸入、使用を希望するOEM、輸入業者、販売業者は、自社の機器のセキュリティ試験および認証を受けなければなりません。これは、段階的に実施されるでしょう。

車載製品も対象となるのですか?

対象外となる条件が一部製品に対して明らかにされています。自動車に組み込まれるものは対象外としています。